【ネタバレあり】竜とそばかすの姫を見てきました!

映画

みなさんこんにちは。ひやまんです。

8月は1日がちょうど日曜だったのでTOHOシネマズでお得に映画を見よう、ということで映画(竜とそばかすの姫)を見てきましたのでご紹介します。

作品情報

監督

細田守

劇場公開日

2021年7月16日

原作

竜とそばかすの姫 (角川文庫)

予告動画

『竜とそばかすの姫』予告2【2021年7月16日(金)公開】

概要

サマーウォーズを手掛けた細田守監督が12年ぶりにインターネット世界を題材にしたアニメーション映画。主人公すず/ベル役はシンガーソングライターとして活動する中村佳穂が務め、劇中歌の歌唱や一部作詞等も務めた。謎の存在「竜」の声は佐藤健が務めた。ベルのデザインを「アナと雪の女王」のジン・キムが担当するなど、海外のクリエイターも参加している。

公式サイト

「竜とそばかすの姫」公式サイト
細田守監督渾身の最新作。「竜とそばかすの姫」大ヒット上映中!

あらすじ

50億人がすれ違う

美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える――

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探しアンベイル

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

公式サイトより

【ネタバレあり】感想

細田守監督、サマーウォーズに似た感じのインターネットを題材にしている、という2点のみを事前情報として観てきた感想を述べる。

サマーウォーズ感を期待するとちょっと凹む

主人公が陰キャで学校のカースト底辺だとかはまあいいとして、主人公の母親が小さい頃に亡くなっていたり、<U>の中に自称秩序維持部隊を名乗りつつ自分の正義を押し付けてくる輩がいたり、竜の正体を探していくと最終的に児童虐待に行き着いたりとなんか全体的にテーマが暗い。

アンベイル=顔バレというあたりとか、<U>という仮想空間ではやたら態度がでかい人とか、ある種現実に近い気はするがその分生々しい感じが出てくる。

サマーウォーズと似た感じで単純に悪いやつをボコボコにする感じだろうと思って観始めるとちょっと面食らうかもしれない。

美女と野獣感

ベルが竜の居城を探して、竜との距離を縮めていくようなシーンが有るのだが、そこはかとなく美女と野獣感がある。

小さい妖精のようなキャラクターが白まで案内をしたり、2人で広間で踊るシーン、竜が自分のことを醜いと蔑んでいるあたりである。

細田守監督のインタビュー記事などを読むと、やはり美女と野獣を意識しているらしい。そういう視点で見るとまた別の楽しみ方ができるかもしれない。

君たちは一体何をしに来たのかな?

登場人物がそれなりに存在するが正直ヒロちゃん以外こいつらが何をしに出てきたのかちょっとわからなくて困る。本当はもっと絡み有ったのかもしれないけど、尺の都合で削ったのだろうか。一例としては以下の通り。引用は公式サイトから。

るかちゃん

吹奏楽部でアルトサックスを吹く、モデルのような容姿の女子。学内のみんなから好かれる明るい太陽みたいな存在。

らしい。本作の主人公である鈴としのぶくんを巡ってひと悶着あるのかと思いきやそういうわけでもなく、<U>の中でいじめてくるのかな?と思いきやそんなこともなく普通に良い子。

音楽やってるから耳が良いので、それで一回活躍したけど全体的に絡みも薄いし何者感が拭えない。

しのぶくん

すずの幼なじみ。バスケ部で活躍し、そのクールな雰囲気も相まって女子から絶大な人気を集めている。何かとすずを気にかける。

ということなんだが、個人的には全体通してあんまり絡みないし、後半突如としてできるイケメン感を出してきてお前何者だよ感がスゴイ。しかも<U>で顔出しを促すという奇策を提案してくるのである。

<U>の世界で大勢から忌み嫌われている、竜の姿をした凶暴な謎の存在。
国籍年齢性別その他一切の情報が明かされていない。

いやまあそのとおりなんだし、龍の正体を探しに行くのがこの作品のすべてなのだが、なんでベルのライブ会場に突っ込んできたのか、とか、ベルが惹かれていく理由とかもちょっとわかんないし、都合よく日本の東京に住んでるとかどうなの?

そもそもネットで国籍年齢性別が公開されていないってのは割と一般的なのではないだろうか。。。

という感じで登場人物にもうちょっと活躍の場を与えてもいいのではないかという気はする。

まとめ

竜とそばかすの姫についてご紹介しました。

サマーウォーズ的なものを期待するとちょっと面食らうかもしれませんが全体的にはちょっと考えさせられる内容で面白かったと思います。

みなさまも良ければ御覧ください。

でわでわ。

 

コメント