【タイ】バンコクでタクシーをチャーターして水上マーケットとメークローン鉄道市場へ行ってきました【後編】

みなさんこんにちは。ひやまんです。

タイと言えば寺院巡りやマッサージ、美味しいタイ料理などがすぐに思いつくと思いますが、それ以外にも見るものはたくさんあります。

というわけで今回はタクシーをチャーターしてダムヌンサドゥアック水上マーケットとメークローン鉄道市場へ行ってきましたのでご紹介します。

今回は前回に引き続いてメークローン鉄道市場編です。

タイの現地ツアー予約は日本語で探せる VELTRA(ベルトラ)が便利です!
バンコクだけでなくプーケットやパタヤ、サムイ島、チェンマイなど主要地域にて、寺院巡りや市内観光からディナークルーズまで、多彩なツアーを選択することができます!

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

航空券をお得に購入したい方には月間利用者数1億人+を誇るSkyscannerがオススメです!

  • 日本語で検索できる!
  • 約1200社と提携!料金比較がしやすい!
  • 目的地未定でも検索可能!

旅先のホテル探しは、海外ホテルも国内ホテルも予約可能な、世界最大級の宿泊予約サイト Booking.comがオススメです!

  • 難解なポイント制度やクーポンは無し!単純に安い!
  • genius(ジーニアス)会員でホテル宿泊料金10%OFF特典も!
  • 基本は前払い不要で現地払い!キャンセル無料ホテルも多数!

Booking.com

メークローン鉄道市場

メークローン鉄道市場は、タイの国鉄であるメークローン線の終点メークローン駅の線路沿いに展開されている市場です。

現役で使用している線路脇に野菜や果物などの商店が所狭しとひしめき合っており、線路脇で商売をする人たちは、メークローンとバーンレーム間を往来する列車が行き交う時(1日8回)に、店のテントやパラソルをたたんで列車を除け、列車が通り過ぎると再びテントやパラソルを広げて商売を再開します。

ベトナムのトレインストリートのように、目の前を通る電車を眺めることができるスリルと迫力満点な市場です。

場所

バンコクからは南西の方角に約80km離れたところに位置しています。

前回訪れているダムヌンサドゥアック水上マーケットからは20kmくらいです。

行き方

鉄道駅だし電車で行けるのでは?

と思っていましたが、歴史的には元々民営だった路線をタイの国鉄に組み込んだ関係で、バンコク市内の電車と接続はなく移動は結構大変そうでした。

とは言え頑張れば電車だけでも行けるようなのでチャレンジしてみてもいいかなとは思います。

BTS Talat Phlu駅から2時間強みたいですが、そこまでの移動や渡し船の時間、電車の待ち時間なんかも考えると片道3~4時間は考えておいたほうがいいかもしれません。

途中で船に乗ったりするので楽しそうではあります。

雑コラで申し訳ないがルートはだいたいこんな感じ。

現地の様子

というわけでやってきたのだ。

駅周辺の様子

駅周辺は市場もあることから結構賑やかです。

衛生面について若干疑問が残りますがその辺の食堂でご飯を食べたりも楽しめます。

駅は奥に自由に出入りができました。

端の方まで行くとメークローン川を眺めることができます。

線路の終端もあります。ここで終わりなんだなという感じがして好きです。

市場の様子

市場は本当に線路沿いに展開されています。誰も止めなかったのだろうか。

市場内では洋服や雑貨もありますが、生鮮食品がメインで販売されている印象です。

独特の臭いがあるので苦手な方は要注意ですね。

端っこ。ここまで来ると何もない。

ところどころにカフェが有って、電車の時間を書いたボードが用意されていたりします。観光客には大変ありがたいですね。

ベトナムとは違って基本的に時間通りに運行しているようなので、時刻表を信用しても良さそうです。

電車通過時

動画で御覧ください。電車は結構ゆっくり来るので安心して見ることができます。お店の動きとか面白いです。電車自体が来るのは動画の4分30秒辺りからです。

今回はメークローン駅に到着する電車でした。

駅構内は自由に出入りができるので、近くで写真撮影も楽しめます。

ちょっと電車に乗って帰ろうか悩みましたが、タクシーをチャーターしていたのでそのままホテルまで帰宅することにして、駅をあとにしました。

まとめ

タクシーをチャーターしてメークローン鉄道市場まで行ってきた件についてご紹介しました。

時間をかけていいならバンコク市内から電車を乗り継いで行っても楽しそうだと思います。次に行くときはそうしようかと思います。

人数がいるなら値段的にタクシーチャーターもありかなと思います。ボッタクリ小舟屋に連れて行かれた以外は結構快適でした。

交通の便という意味ではベトナムのトレインストリートの方が楽ですが、ゆっくり通り過ぎる電車を堪能できるので、個人的にはメークローン鉄道市場の方が好みですね。

みなさまもぜひ両方行ってみて見比べてみてください。

でわでわ。ごきげんよう!

タイの現地ツアー予約は日本語で探せる VELTRA(ベルトラ)が便利です!
バンコクだけでなくプーケットやパタヤ、サムイ島、チェンマイなど主要地域にて、寺院巡りや市内観光からディナークルーズまで、多彩なツアーを選択することができます!

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

航空券をお得に購入したい方には月間利用者数1億人+を誇るSkyscannerがオススメです!

  • 日本語で検索できる!
  • 約1200社と提携!料金比較がしやすい!
  • 目的地未定でも検索可能!

旅先のホテル探しは、海外ホテルも国内ホテルも予約可能な、世界最大級の宿泊予約サイト Booking.comがオススメです!

  • 難解なポイント制度やクーポンは無し!単純に安い!
  • genius(ジーニアス)会員でホテル宿泊料金10%OFF特典も!
  • 基本は前払い不要で現地払い!キャンセル無料ホテルも多数!

Booking.com

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント

error: Content is protected !!