当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

三井住友銀行のOliveアカウントとOliveフレキシブルペイを作成しました

ライフハック

みなさんこんにちは。ひやまんです。

2023年3月1日から始まった、三井住友銀行が提供するOliveフレキシブルペイですが、最高で15%ポイント還元という驚異的なサービスです。

というわけで今回はOliveアカウントとOliveフレキシブルペイを作成して実際に使ってみましたのでご紹介します。

ちなみに作成するカードについて個人的なオススメは、SBI証券の積立で1%ポイント還元&100万円使用を達成したら年会費が永年無料になるゴールドカードです。

Oliveアカウント

Oliveアカウントは三井住友銀行が提供する、銀行口座・クレジットカード機能・デビッドカード機能・ポイント払い機能などが集約された統合サービスを利用するためのアカウントです。

OliveフレキシブルペイはこのOliveアカウントに紐づいたクレジットカード機能などを使用するためのクレジットカードのようなものです。(詳細は後述)

諸々特典がありますが詳細は公式サイト等で確認ください。

本記事では主にポイント還元に注目してその特徴をみていきます。

Oliveアカウント作成条件

Oliveアカウントを作成するには以下の条件を満たす必要があります。詳細は公式サイトをご確認ください。

スマホアプリでアカウント作成や既存口座のアップグレードができます。その際に諸々アシストしてくれるのであまり深く考える必要はないかと思います。

  • Oliveフレキシブルペイの作成(ランクは不問)
  • SMBC IDの作成
  • SMBCダイレクトの利用
  • 三井住友銀行の普通預金口座の作成
  • Web通帳の利用

紹介コード利用で1,000円相当のVポイントが貰えます

Oliveアカウント作成前に、Oliveアカウント紹介サイトから紹介コードを使ってエントリーすると1,000円相当のVポイントが貰えるので、もしよければコチラのコードをご利用ください。

Oliveフレキシブルペイ

OliveフレキシブルペイはOliveアカウントに紐づいたクレジットカード機能などを使用するためのクレジットカードのようなものです。

後述しますが、実態はデビットカードなので利用時にはいくらか注意が必要です。

デビッドカード機能やポイント払い機能も付いていますが、クレジットカードとしてみると三井住友ナンバーレスとほとんど変わりません。

最大の違いはポイント還元率になります。

ランクは3種類・ブランドはVisaのみ

ブランドはVisaのみ(Masterはありません)で、通常のクレジットカードのように一般・ゴールド・プラチナプリファードの3種類に分かれています。

年会費

一般カードは年会費無料ですが、ゴールド(5,500円)・プラチナプリファード(33,000円)はそれぞれ年会費がかかります

ただしゴールドに関しては1年間の間に100万円以上の利用を1回でも達成することで、以降は年会費永年無料となります。

三井住友ゴールドNLの100万円修行完了している人はOliveフレキシブルペイゴールドも年会費永年無料

申込期間限定(2024年2月末まで)ではありますが、既に三井住友ゴールドカードナンバーレスの100万円利用を既に達成している場合には、Oliveフレキシブルペイゴールドの年会費も自動的に永年無料となるので、改めて修行する必要はありません。

【三井住友カード ゴールド(NL)利用者限定】条件達成でOliveフレキシブルペイ ゴールドの年会費永年無料|クレジットカードの三井住友VISAカード
【三井住友カード ゴールド(NL)利用者限定】条件達成でOliveフレキシブルペイ ゴールドの年会費永年無料のご案内。クレジットカード情報の照会・各種お申し込みの受付が24時間いつでもOK。あなたのクレジットカードライフをサポート!

その他付帯サービスなど

ゴールド・プラチナプリファードはお買い物保険や国内旅行障害保険などが付帯します。

空港ラウンジサービスもあるので、旅行時にはありがたいですね。

より詳細を確認したい方は公式サイトをご確認ください。

最大15%のポイント還元

ここが最大の特徴です。

通常クレジット機能利用時のポイント還元率は一般・ゴールドで0.5%、プラチナプリファードで1.0%なのですが、

  • 対象店舗でのタッチ決済利用(+4.5%)
  • 家族ポイント(+5%)
  • Vポイントアッププログラム(+5%)

をすべて満たすと下図のように条件を満たすと最大15%に跳ね上がります。驚異的です。

https://www.smbc.co.jp/kojin/vpoint-up/

+4.5%対象の店舗例としては以下です。対象店舗の詳細は公式サイトをご確認ください。

  • セブンイレブン等のコンビニ(ファミマは対象外)
  • サイゼリヤ・すき家等の飲食店
  • ドトールなどのコーヒーショップ

現実的には、家族ポイントの還元は家族カードが対象外とハードルが高いので、SBI証券が絡むVポイントアッププログラムで+4%(1%分は住宅ローンの借り入れが必要なので考えない。)を考慮して9%還元あたりと考えるのが妥当です。

実際に作成・使用してみた

申込みの過程等はスキップしますが、実際に作成してみて使える範囲で使ってみました。

申請したのはOliveゴールドです。

今まで三井住友ゴールドナンバーレスを使用していたのですが、結構違いが有って戸惑いました。

一番意識しないといけないのは、Oliveフレキシブルペイ自体はデビットカードがベースであるという点です。純粋なクレジットカードではないので、思っていたように使えないことがあります。

クレジットモードは1時間程度で承認された

Oliveフレキシブルペイの申し込みをすると、デビッドモードの方はすんなり使用可能となりますが、クレジットモードの方は審査が必要なので多少時間がかかります。

ひやまんの場合は申請後1時間程度で承認のメールが届きました。人によってはもっと時間がかかる場合もあるようです。100万円修行済だったので信用残高が高かったのかもしれません。

なお物理カードは1週間ほどあとに届くとのこと。

引き落とし口座は三井住友銀行から変更不可

三井住友銀行は今回始めて作成しました。そのためクレジットカードの引き落とし口座は別に存在します。

というわけで引き落とし口座を統合しようと思って調べましたがOliveフレキシブルペイは引き落とし口座を変更することができないようです。ちょっと面倒くさいですね。

三井住友銀行への入金は手数料無料でネットバンキング可能

SBI証券の口座と住信SBIネット銀行の口座を持っていることが前提条件ではありますが、これらを駆使することで各銀行間の送金を手数料無しで実施することが可能です。

  1. SBI証券の即時入金機能を使用してSBI証券に入金する
  2. 住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金口座から、普通預金口座へ振替る
  3. 住信SBIネット銀行の普通預金口座の資金を三井住友銀行へ送金する(最低でも2回まで送金手数料無料)

住信SBIネット銀行のスマプロランクが2以上(スマート認証NEOのアプリ導入だけで達成)であれば5回まで送金手数料が無料になりますので、手数料が必要になるリスクがぐっと減ります。

逆について、Oliveアカウントは他行宛送金手数料が3回まで無料なので直接送金できます。

iD使用時は強制的にデビッドモードになる

OliveフレキシブルペイはapplePayに対応しているので、iDとして使用することが可能です。

可能ではありますが、iD使用時は強制的にデビットモードになります。

デビットモードになると何が問題なのかという点ですが、Vポイントアッププログラムのうち、コンビニ等の特定店舗での5%還元の対象外になります。

つまりポイント還元を考えた場合、クレジットモードに設定した物理カードによる決済が必要になるわけです。なんのためのApplePayなのかと問い詰めたくなります。

支払い手段として登録できたりできなかったりする

様々なサービスの支払い手段にクレジットカードを使用しているので、それらをすべてOliveフレキシブルペイにすべく手続きを行ってみたところ以下のような結果に。

  • PayPay→登録可能
  • Amazon→登録可能
  • 上下水道→登録不可
  • スマホ支払い(みおふぉん)→登録不可

Oliveフレキシブルペイの実体はデビットカードである

おかしいな~、なんでだろうな~、と思って色々調べてみたらAmazon上ではデビットカードとして取り扱われていることが判明しました。

なるほどと思いみおふぉんの支払い方法について確認したところ、デビットカードは利用できない旨が明記されていました。上下水道の方も同様にデビットカード使用不可でした。

クレジットカードとして扱える番号が別に用意されている

FAQを漁ったら対応策が載っていました。デビットカードが使用できないサービス用にVpassID登録用会員番号というものが用意されています。

Oliveフレキシブルペイでネットショッピングをする際に、カード番号が登録できません。なぜですか? | 三井住友カード
Oliveフレキシブルペイのカード番号は、公共料金や動画配信サービスの利用料金、毎月の継続的なお支払いや自動更新契約が発生するサービス等で、登録できない場合があります。 なお、お持ちのOliveフレキシブルペイにクレジットモードが追加されている場合、クレジットモード専用のカード番号を登録することでご利用いただけます。 ...

VpassID登録用会員番号はこちらの手順で取得することが可能です。

隠していますが、実際に取得するとカード番号の他、有効期限やセキュリティコードも異なることが分かります。

こちらを使用することで上記の上下水道やみおふぉんの支払いには登録することが可能でした。

どうやっても登録できないものもあるかもしれない

概ねOliveフレキシブルペイでの支払い登録ができましたが、本ブログのサーバー(Conoha WING)の支払いには使用できませんでした。

Conohaの支払い用クレジットカードを登録する際に通常だとvisa secureの画面が表示されます。しかしOliveフレキシブルペイを使用した場合はその画面が出ずにエラー表示されます。

あくまで推測になってしまいますが、恐らくOliveフレキシブルペイ(その中でもVpassID登録用会員番号)はvisa secureに対応していないためだと思われます。

そのため他にも支払いに登録できないサービスが存在するかもしれません。

クレジットモードで支払いができた

実体がデビットカードということがわかりました。

PayPayの支払いカードとしてOliveフレキシブルペイを登録したことは先に述べましたが、PayPayはデビットカードも支払い用のカードとして受け入れています。

もしかして、PayPayはOliveフレキシブルペイをデビットカードと認識して、デビットモードで請求されるのでは?

と疑いを持ち、口座の残高が0円の状態で実際に使ってみたらちゃんと支払いができました。

デビットカードとして使用される場合は口座の残高が不足していると支払いができないはずなので、今回はちゃんとクレジットカードとして使用されたと判断できます。

というわけでひとまずクレジットモードを信用しても良さそうです。

選べる特典は来月から

選べる特典で+1%を早速選択しようとしましたが、初月はコンビニATM手数料無料で固定でした。

その代わりなのか翌月分はランクにかかわらず特典を2つ選択できるようなので、もしかしたら+2%にできるかもしれません。

https://www.smbc.co.jp/kojin/olive-account/guide/open-account/benefit/select.html

使ってみた感想

新種のクレジットカードという認識で使い始めましたが、実はベースがデビットカードだったということでクセが強く衝撃でした。

使ってみると分かるんですがデビットカードは使えないサービスがそれなりに存在します。回避策が用意されているとは言え、シンプルなクレジットカードとは別物と認識する必要があります。今後も使用にあたって困難に直面しそうな予感がします。

1番困惑したのはiD利用の際は強制的にデビットモードになるという点ですね。これにより物理カードを持ち歩く必要が出てきたためです。カードを持ち歩けるスマホケースを使うなどで対応は可能ですが、何のためのiD、何のためのApplePayなのかと問い詰めたくなりますね...。

とは言え最大15%、現実的には9%ポイント還元が可能なクレジットカードは他に無い強力な一枚であることは疑いようがありません。というわけでしばらく様子をみつつメインで使っていこうと思います。

まとめ

三井住友銀行のOliveアカウントとOliveフレキシブルペイを作成しました。

ベースがデビットカードだったために少々使いづらさを覚えましたが、対応策もあるので許容範囲です。

iDをどうにかしてクレジットモードで使えるようにして欲しいですが、物理カードが到着したらこれも一応解決可能。

コレで還元率1%とかだったら確実に別のカードを使いますが、低く見ても安定して9%超の還元があるのはやはり大変な魅力です(対象店舗での使用に限りますが...)。

もうしばらく様子見ではありますが、高還元カードとして要所要所で使っていこうと思います。

皆様も是非ご利用をご検討してみてはいかがでしょうか。

Oliveアカウント作成前に、Oliveアカウント紹介サイトから紹介コードを使ってエントリーすると1,000円相当のVポイントが貰えるので、もしよければコチラのコードをご利用ください。

でわでわ。ごきげんよう!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント