【工場見学】ANA Blue Hangar Tourに参加してきました

みなさんこんにちは。ひやまんです。

今回はANAの歴史や飛行機に関する展示が見られるとともに、羽田空港に隣接しているANAの飛行機格納庫内を見学できるANA Blue Hangar Tourへ参加してきましたのでご紹介します。

JAL SKY MUSEUM同様、完全予約制で、予約できるようになるとすぐに全日程が埋まってしまうという大変競争率が高い工場見学ツアーですが、運良く参加することができました。

飛行機を間近に見ることができ、飛行機好きでもそうでなくとも、子供から大人まで楽しむことができること請け合いのツアーです。

ANA Blue Hangar Tour

ANA Blue Hangar Tourは主に整備部門についてANAの歴史や飛行機、空のお仕事に関する展示の見学と、ANAが保有する格納庫の見学がセットになった工場見学ツアーです。

参加方法

ツアーへの参加は完全予約制です。ANA Blue Hangar Tourのウェブサイトからのみ予約することが可能です。

ツアー日程や予約の難易度について

予約が可能となるのは見学日の1ヶ月前の同一日09:30からとなっています。

この記事を執筆している時点では1日あたり4回(午前2回、午後2回)のツアーが設定されていますが、ANA側の都合で変更される場合があります。

また、予約可能になるとすぐに枠が全て埋まるほどの人気ツアーのため、参加に当たってはいくつか候補日を設けて参加できればラッキーくらいの気概で望む方が良いです。

この記事執筆時点では、ちょうど一ヶ月後の予約可能枠は残席0でした(15時頃)

ツアー内容

受付→格納庫見学→展示見学となっており全部で2時間程度です。

展示に関してはツアー開始30分前に入館して先に見ることも可能です。

詳細はこちらのページを御覧ください。

アクセス

東京モノレール整備場駅から徒歩10分程度の場所にあります。

JAL SKY MUSEUMに比べるとちょっと駅から歩きますが、空港施設が並んでいる地区ですし、一つ一つがデカいのでやむなしですね。

ちなみに最寄りは整備場駅ではないのでご注意ください。

参加費用・参加資格

参加費用は無料です。

ツアーに参加するためには小学生以上でなければなりません。

ツアーの様子

というわけで参加してきたのだ

東京モノレールの新整備場駅を出て右手に曲がって10分ほどまっすぐ歩くと左側に見えるこちらの建物が会場です。

チェックイン~説明会

受付からツアーはすでに始まっています。空港のチェックインカウンター風です。

こういうエンタメ性を感じるのがANAぽくて好きです。

チェックイン後に大きめの会議室で見学に関する説明を受けます。

座席は世界中の空港名になっていて、自分の座席はゲストカードの裏に記載されています。

このあとのツアーは色分けされた班毎に別れて回っていきます。

中国系のグループに割り当てられたのにピンポイントで韓国の空港を引いてしまった。どうせなら北京とか香港が良かった。

工場見学にあたってヘルメットと頭髪カバーが支給されます。

格納庫見学

説明が終わったら早速格納庫へ移動します。

タイミングによっては一機もいない場合が有るようですが今回は運良く4~5機いました。

C-3PO ANA JETがいました。機種としてはボーイングの777で、国内を飛んでいるやつです。

普段余り見ることができないお腹の部分も見えます。

機体に沿って床が並んでいますが、こちらはメンテナンスする機体に合わせて移動が可能とのこと。

幸運なことに正面からも見ることができました。

こちらはウイングレットがついているので多分B787ですね。逆光でしたがシルエットがかっこよく撮れたと思います。

エンジンも間近で見ることができます。

ちなみに真ん中の白いマークですが、こちらはエンジンが回転しているかどうかを判定するためについているわけですが決まった模様があるわけではなく、機種によって異なるとのこと。

なのでこうい渦巻きタイプもあったりします。

エンジンにも複数メーカーが有って今回はGEとロールスロイス製でした。近くで見ると色々と発見が有って楽しいですね。

たまたまメンテナンス中で開いていたため鼻先にある気象レーダーも見ることができました。

一通り見終わったら格納庫内から滑走路を見学して終了です。

午前中に参加したJAL SKY MUSEUMのツアーでは富士山がよく見えましたが、こちらに参加したときはあまり見えませんでした。やはり午前中のほうが見えやすいようです。

展示ホール見学

格納庫の見学ツアーが終わったらそのまま返っても良いですが展示を見ることも可能です。

入り口のすぐ隣に展示ルームがあります。

フロアマップです。行ってみたらわかりますがそこまで広くはありません。

ボタンを押すと動くエンジンや

整備士さんが使用する工具を知ることができます。

こちらは実際に重さや力の入れ具合がわかってなかなか興味深かったです。

日本ヘリコプターから始まったANAグループの歩みなど、歴史も学べます。

ANAグッズ

入り口すぐの所にグッズの販売スペースが有ります。

ここでしか買えないオリジナルグッズも有るので要チェックです。

フライングホヌのステッカーを他で見たことがなかったので買いました。

ANA Blue Hangar Tourに参加した感想

間近で飛行機を見ることができて大満足です。

ANAは鬼滅の刃STAR WARSのような独自塗装の機体が有るので、そういうレア要素もあるのでどうしても見たい機体がある場合は何度も通ってしまいそうですね。

実際何度も来てめっちゃ写真撮ってるような人も何人か参加していました。結構リピーター多そうです。

展示はそこまで広くはありませんが整備にフォーカスを当てており、工具を手に取ることができるなどちょっとした体験要素も有って意外に良かったです。

受付がチェックインカウンター風なのが個人的には結構好きなポイントでした。旅行に出る非日常感がちょっと有る、航空会社ならではの演出ですね。エモいです。

飛行機を見ることができるという点では一緒なのですが、別途参加したJAL SKY MUSEUMは歴史あるかっちりした雰囲気ですがANAの方はフレッシュな学園祭みたいな印象です。

両社の違いが出ていてなかなかおもしろかったです。

まとめ

ANA Blue Hangar Tourについてご紹介しました。

コロナだった+平日暇だったということでたまたま予約できましたが休日だとなかなか参加できない人気ツアーなのでラッキーでした。

内容も充実していますし、これで無料なのは大変素晴らしいとしか言いようがないですね。

飛行機好きにはもちろんオススメですが、そうでなくともお子さんを連れて参加なども良さそうです。基本的にはみなさんにおすすめできるツアーだと感じました。

みなさまもチャンスが有れば参加してみてはいかがでしょうか。平日予約が狙い目です。

でわでわ。ごきげんよう!

航空券をお得に購入したい方には月間利用者数1億人+を誇るSkyscannerがオススメです!

  • 日本語で検索できる!
  • 約1200社と提携!料金比較がしやすい!
  • 目的地未定でも検索可能!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント