【PORTER】海外旅行の街歩き用にショルダーバッグを購入しました

みなさんこんにちは。ひやまんです。

海外旅行に行くと何かと荷物が多くなりますよね。

着替えなど旅行先で必要になるアイテムはトランクに入れておけばいいわけですが、移動中は手持ちにしておきたいアイテムも多数あります。

パスポートや入国審査に必要な書類から始まり、飛行機の中が寒い場合用の上着やブランケット、ネックピローやスマホ・タブレットの充電器、財布、常用しているお薬、女性の場合であればお化粧ポーチなどなど。

結構嵩張る&両手を開けておきたいので、それなりの容量があるバックパックにまとめて入れて移動するのが良いかと思います。

一方で旅行先では身軽に動きたいわけですが、上記のバックパックだとちょっと大きすぎる可能性が高いです。

街歩きだけであれば必要なものは少なくなるので、より小型で取り回しのいい鞄があると便利です。

というわけで街歩き用にボディバッグを愛用していたのですが、もうずいぶんとぼろぼろになっていたため、新しく海外旅行の街歩き用にショルダーバッグを購入しましたのでご紹介します。

航空券をお得に購入したい方には月間利用者数1億人+を誇るSkyscannerがオススメです!

  • 日本語で検索できる!
  • 約1200社と提携!料金比較がしやすい!
  • 目的地未定でも検索可能!

旅先のホテル探しは、海外ホテルも国内ホテルも予約可能な、世界最大級の宿泊予約サイト Booking.comがオススメです!

  • 難解なポイント制度やクーポンは無し!単純に安い!
  • genius(ジーニアス)会員でホテル宿泊料金10%OFF特典も!
  • 基本は前払い不要で現地払い!キャンセル無料ホテルも多数!

Booking.com

街歩き用鞄に求めるもの

想定する状況としては、大きい荷物や移動時に必要だったアイテムは既にホテルに置いた状態で、これから観光を開始するような状況です。

ひやまん的に鞄に対する要望を記述します。ご参考まで。

歩きたい持ち物

旅行先の地域や季節によって持ち物は変わるかと思いますが、話を簡単にするため、さしあたってシンガポールへ行く予定があるのでその場合を想定します。

シンガポールでその辺をぶらぶらして観光する場合、以下のようなアイテムを持ち歩いた方が良いかと思います。

  • 財布
  • 折り畳み傘
  • お手拭き
  • 500mlペットボトルの水
  • フェイスタオル
  • モバイルバッテリー
  • パスポート、ホテルの鍵など
財布

何をするにしてもお金は必要なので、現金やクレジットカードを入れたり、場合によってはレシートを入れておいたりにも使用します。

裸で現金を持ち歩くのはセキュリティの観点からよろしくないので財布は持っていたほうがいいかと思います。

日本で使用しているものとは別に、海外旅行用に用意したほうが便利です。

折り畳み傘

一日晴れていることがわかっていれば持ち歩く必要はありませんが、シンガポールのようにほぼ毎日雨が降るような場所では持ち歩いていたほうが無難です。

コンビニで傘買えば良くない?

という考えもあるかもしれませんが、基本的に海外ではビニール傘類は売っていないですし、傘自体を入手するハードルが結構高いです。

というわけで折り畳み傘を入れられる容量は用意しておいたほうが無難です。

お手拭き

海外で食事をする場合、おしぼりやナプキンは出てこないことが基本なので(有料だったりもする)、自分で用意して備える方が良いです。

シンガポールだとホーカーセンターでご飯食べたりもしますし、最近だと感染症も気になるので除菌できるお手拭きシートなど持っていったほうが良いです。

500mlペットボトルの水

観光で歩き回るのであれば、どこの国に行っても水は持ち歩けるほうが良いです。

シンガポールのように街歩きの場合だとその辺にカフェが沢山有るので無くてもどうにかなりますが、カンボジアなどの遺跡中心の場合はやはり持ち歩くことが多くなります。

外国人は2リットルのペットボトルを裸で持ち歩いているのを良く見るのでそういうスタイルもアリかとは思います。

フェイスタオル

暑い国だと結構汗をかくので、フェイスタオルが有ったほうがいいですね。

雨が降った場合にも役に立ちます。

モバイルバッテリー

最近だと海外でもスマホを利用することが普通になって来ています。

通信能力がなくてもカメラとして利用する方も多いですし、カフェのFree Wi-Fiを使えば友人と連絡が取れたりちょっとした調べ物ができたりもします。

最近の海外はどこにいってもFree Wi-Fiがつながりますが、充電自体ができる場所はそこまでありません。なので充電器よりはモバイルバッテリーを持ち歩けるほうが利便性が高いです。

ひやまんの場合はGoogle Mapがないと外国で生きていけないのでスマホの電池切れは死活問題ですね…。現場で調べ物したりするので電源が切れるとホテルに戻れなくなる可能性が高いです。

パスポート、ホテルの鍵など

パスポートはホテル内の金庫に入れたり、鍵はレセプションに預ければ問題はないですが、国によってはパスポートは常時携帯する必要があったりするので、それ用のスペースは有ったほうがいいですね。

ちなみにひやまんはパスポートを無くしたら怖いので、カラーコピーを大量に取ってトランクや財布などいたるところに分散して配置していたりします。

両手はフリーにする

旅行中は写真を取ったり、買い物をして荷物を運んだり、と何かと手を使用する場面が多いので両手は常にフリーであるほうが快適です。

そのため鞄の種類は必然的にバックパックかボディバッグ、ショルダーバッグあたりが適切です。

バックパックよりはショルダーバッグ派

バックパックは両手が空くのと、容量が大きいのでなかなか優秀ですが、セキュリティを考えるとショルダーバッグの方が良いかなと考えます。

バックパックだと後ろに荷物があるので、後ろからスリが来る可能性を考慮すると盗難のリスクがちょっと高いためです。あと座るときに体から離さないといけないので盗難が怖い。

ボディバッグやショルダーバッグは体の前の方にかけてもそんなにじゃまにならないし、椅子に座るときもバックパックよりは邪魔になりにくいです。

その為、ひやまん的にはボディバッグorショルダーバッグが良いかなと思います。どちらがいいかは好みの問題ですね。

PORTER のショルダーバッグ

というわけで最低限、財布・傘・お手拭き・水が入ってもうちょっと容量がある鞄としてチョイスしたのが以下。TankerのLサイズです。

TANKER(タンカー) SHOULDER BAG(L) | 吉田カバンホームページ | YOSHIDA & Co.
PORTERのTANKER(タンカー) SHOULDER BAG(L)(622-78810 - ショルダーバッグ)を購入できます。

いいおじさんだし革製品とか買ったほうが良かったのかもしれないと思いつつ、とりあえずPORTERだったらそれなりに長持ちするのではないだろうかという理由で購入しました。

正直もうちょっと色々と見てみたかったんですが近所の鞄屋さんで一番良さそうだったのがこれっだってのもあります。

サイズ感

公式サイトによるとW:280mm/H:200mm/D:110mmです。iPhoneの機能でサイズを測定したところ大体以下のようになりました。

厚み10cmはそれなりに存在感があります。

収納

上部が開口するメインの収納は見た目よりもたくさん入りそうです。中に大きめのポケット(黒い部分)がついているのでそこに小物 or iPadなどを収納することもできそうです。

外側ファスナーの収納は全部開くタイプです。開けるとビニールで区切られた空間がありますが、正直何を入れたらいいかちょっと難しく感じます。

張り付いちゃいそうなので、せめてビニールでなければもうちょっとやりようが有った気がするのですが…。

右上の部分がクレジットカード等入れられそうだから、右下に小銭を入れて、下のオレンジに紙幣を入れる感じにして財布として使用できなくもない、というところでしょうか。ポテンシャルは感じます。

手前のポケットはマジックテープ+スナップボタンで閉じられています。

スペースはそんなに広くないので厚めのものや形が崩れやすいものは入れにくい印象です。

一回入れたら中身が出にくいので、パスポートや鍵などを入れるのに適しているかもしれません。

実際に荷物をいれてみた

実際にひやまん希望のアイテムがすべて収納できるかを確認します。

財布、傘、ペットボトル(ちょうどいいのがなかったので醤油で代用)、フェイスタオル、パスポート、追加でiPad miniと、ラウンジでのシャワー利用を想定してシャンプー類の容れ物も入れてみます。

全部入れてみましたがもうちょっと余裕があるようです。見えないですが奥の方に傘なども入っています。(見栄えのためにタオルを抜きましたが、タオルを入れると満杯感が出ます)

メイン空間のポケットにiPad miniは容易に収まりました。ただマジックテープは閉じないですね。

手前の空間にもなにか入れようと考えた結果予備のマスクを格納してみました。個包装タイプであれば大きな問題はなさそうです。

手前のポケットの写真はありませんが、パスポートは余裕で格納できました。

所感

少しファスナーの開け締めが引っかかってスムーズにいかないところもありますが、期待値通りの容量が有って、手触りもいいので海外旅行でも日常生活でも活躍してくれそうに感じます。

ただちょっと色が黒すぎるかもしれませんね。30代後半のおじさんの服装にはちょっと合わないかもしれない。まあ気にしないですが。

まとめ

海外旅行の街歩き用鞄として購入したショルダーバッグについてご紹介しました。

トランク、バックパック、ショルダーバッグと一回の旅行に鞄を3つも持っていくのはどうなんだろうかという気もしますが、20カ国くらい海外旅行を経験した結論としてはやはり持っていたほうがいいかなと思います。

今回紹介したサイズ感だとサコッシュに比べるとなかなかな存在感がありますが、旅行で必要なものはだいたい入る印象ですし、日常使いもできるので一つ持っていてもいいかなと思います。

何はともあれ久しぶりの海外旅行で、しかも新しい鞄を手に入れたいので早く行きたくてワクワクしています。みなさまも海外旅行を楽しんでください。

でわでわ。ごきげんよう!

航空券をお得に購入したい方には月間利用者数1億人+を誇るSkyscannerがオススメです!

  • 日本語で検索できる!
  • 約1200社と提携!料金比較がしやすい!
  • 目的地未定でも検索可能!

旅先のホテル探しは、海外ホテルも国内ホテルも予約可能な、世界最大級の宿泊予約サイト Booking.comがオススメです!

  • 難解なポイント制度やクーポンは無し!単純に安い!
  • genius(ジーニアス)会員でホテル宿泊料金10%OFF特典も!
  • 基本は前払い不要で現地払い!キャンセル無料ホテルも多数!

Booking.com

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント

error: Content is protected !!