【出国前検査】シンガポールで安いPCR検査の予約方法【pre-departure PCR test】

みなさんこんにちは。ひやまんです。

コロナ禍により長期間海外旅行が抑制されている昨今ですが、2022年6月あたりから徐々に日本でもその他各国でも規制が緩和されてきており以前と同じように海外旅行に行く日も近づいてきております。

しかしながら2022年6月現在、日本へ入国する際にはまだ様々な制限があります。

コロナワクチンを3回打っていれば各離等はしなくても良くなる場合が多いですが、旅行先から日本に向けて出国する際にPCR検査にてコロナ陰性を証明する必要があります。これはコロナワクチンを3回打っていても必要な措置です。

そのため現地でPCR検査を受ける手配をする必要があります。慣れない土地で病院を探して予約したりを英語でやらないといけないのでなかなかハードルが高く感じます。

今回は2022年6月末にシンガポールへ旅行した経験をもとに、シンガポールでPCR検査を行うクリニックを予約する方法についてご紹介します。実際に帰国できたのでみなさまも使用できると思います。(とはいえご利用は自己責任でお願いします。)

ちなみにシンガポールには日本語対応でPCR検査をしてくれるクリニックが沢山ありますが、多少英語ができるのであればローカルクリニックで検査したほうがお安くできるのでそちらについて紹介します。

参考:日本語対応のクリニック

こちらのサイトによると、シンガポール日本人会情報として下記の病院で陰性証明書を発行してくれるとのことです。予約方法についてはそれぞれのホームページ等でご確認ください。大体メールで予約を受け付けているようです。

シンガポール日本人会クリニック
住所:120 ADAM ROAD,SINGAPORE 289899
電話:(65)6467-0070
ラッフルズジャパニーズクリニック Orchard分院
住所:1 Scotts Road #05-06/11 Shaw Centre Singapore 228208
電話:(65)6738-6550
日本メディカルケア
住所:#03-31, Annexe Block Gleneagles Hospital 6A Napier Road S258500
電話:(65)6474-7707

ちなみに価格は150SGD~200SGDくらいと安いローカルクリニックに比べると倍くらいの費用がかかります。日本語でQAができたり、証明書自体の実績もあるかと思いますので英語に不安がある方や安心感がほしい方は上記を利用する価値があると思います。

PCR検査結果のフォーマットが決まっている

外務省のサイトには有効な「出国前検査証明」フォーマットが公開されています。

有効な「出国前検査証明」フォーマット

よく読むと検査証明書の様式は原則として厚生労働省の所定フォーマットを利用するようお願いいたします。と注意書きもあります。

つまりその辺の野良検査場でPCR検査して陰性だと言われても、書類の形式が整っていなければ受け付けてもらえないということです。

海外旅行という慣れない土地で言葉も通じない状況で対応したクリニックを探さないといけないのでなかなか面倒くさいことになります。

シンガポール政府認定クリニック発行の書類であれば問題ない

他国の状況はちょっと分かりませんが、シンガポールの場合はMOH(シンガポールの厚生労働省的なところ)認定の結果(digital PDT certificate)であれば必ずしも日本指定のフォーマットに従う必要はありません。

詳しくは在シンガポール日本国大使館のウェブサイトが公開している下記書類の第4項をご確認ください。

https://www.sg.emb-japan.go.jp/files/100231112.pdf

ちなみにMOH認定クリニックの一覧はこちらから確認できます。およそ800箇所あります。

MOH | Regulations, Guidelines and Circulars
Ministry of Health (MOH) is an innovative, people-centred organisation, committed to medical excellence, the promotion of good health, the reduction of illness ...

上記の矢印が示すリンク部分をクリックすると一覧のPDFが表示されます。

クリニックによって検査料が異なる

MOH認定のクリニックであればどこでもいいらしいことはわかりました。しかしながら対象クリニックが800箇所もあるとどこで検査を実施するのが良いのかがよく分かりません。

どうせ同じ結果が出るならお安いところで受診するのがいいよなあ。

などと考えて調べていたら面白い記事を見つけました。(英語です。)

Cheapest pre-departure COVID-19 PCR and ART tests for travel from Singapore
You can now get a pre-departure COVID-19 PCR test in Singapore for as little as S, or an ART test valid for travel to some countries from S

この記事が調べた範囲によると、最安は50SGD(約5,000円)、平均は107SGD(約10,000円)、最高は200SGD(約2万円)とだいぶ差があることがわかります。

参考:検査結果はだいたい24時間以内にメールで提出される

検査結果は概ね24時間以内にメールで提出されるのがスタンダードなようです。

メールだと取りに行く手間もないので便利でいいですね。

ちなみに24時間も待てないよ、という場合はお金を積めば12時間とか6時間で結果を出してくれるサービスもあります。クリニックによりますが200SGDくらいかかります。

価格とアクセスの良さが大事

じゃあ一番安いところで検査するか

と思って50SGDのクリニックを調べたら結構な僻地にありました。観光客はまず行かない地域です。

MRTやバスで行けなくもないですが、貴重な観光時間を削ってまで行くような場所ではないですね。

というわけでもうちょっとアクセスが良さそうなところを探してみたらなんと2番目に安いところ(FAST PDT swab)がなかなかいい場所にありました。オーチャードロード沿いにあるのでアクセスも抜群です。

70SGDしますがここならアクセスも良いですしリーズナブルかと思われます。

FAST PDT swab の予約方法

というわけで安くてアクセスも良いクリニックとしてFAST PDT swab を予約していきます。

念のため検査結果フォーマットについて確認

予約しようと思いましたが、本当に日本行きのPCR検査として使えるのか不安になったので、念のため確認のためメールを送ったら下記のお返事をいただきました。

MOH認定だし日本の旅行にも使えるとのこと。日本入国に使用するMySOSアプリのことも知っているみたいなので信用しても良さそうです。

ちなみに問い合わせ先のメールアドレスはFAST PDT swab のサイトトップページから入手することができます。

予約方法

予約はFAST PDT swab のサイトから予約フォームを入力することで実施できます。

トップページのRegular Pre-departure PCR Test を選択します。

予約カレンダーと時刻を選択する画面が表示されます。

日本から予約する場合、初期状態だとタイムゾーンがJSTになっているので、Your time zone を選択してタイムゾーンをシンガポールに合わせます。

選択すると検索窓が表示されます。singaporeと入力するとシンガポールのタイムゾーンが出てくるので選択します。

その後検査を実施したい日時をカレンダーと時刻から選択します。

時刻を選択するとログイン画面が出てきます。アカウントは無いと思いますので作ります。

Create New Profile を選択します。

名前とメールアドレス、ログイン用のパスワードを入力してから、Create new profile を選択します。

詳細入力の画面が表示されるので画面に従って入力していきます。

入力後、画面下のチェックボックスにチェックを入れ、Book を選択します。

予約完了です。予約時間が表示されるので確認してください。

予約の変更・キャンセル

観光の状況によっては予定を変更したい場合もあるかと思います。ウェブサイトで変更・キャンセルが可能です。

Sign in した状態で画面右上のアカウントからMy profileを選択します。

予約の一覧が出ますので、変更したいものを選択します。

Reschedule を選択すると、予約時のようにカレンダーと時刻の画面が表示されるのでそこで変更することが可能です。

キャンセルをしたい場合は、Cancel appointmentを選択することでキャンセルできます。

まとめ

シンガポールのローカルクリニックの安いPCR検査の予約方法についてご紹介しました。

日本語対応してくれる病院のほうが安心感はありますが、その分価格がお高めなので、多少英語が使えるならローカルクリニックで実施する方がお得ですね。

実際に検査を受けに行った記事もありますので良ければ御覧ください。

【出国前検査】シンガポールのローカルクリニックでpre-departure PCR検査を受けてMySOSの登録まで実施できました
みなさまこんにちは。ひやまんです。 コロナ禍により長期間海外旅行が抑制されている昨今ですが、2022年6月あたりから徐々に日本でもその他各国でも規制が緩和されてきており以前と同じように海外旅行に行く日も近づいてきております。 し...

でわでわ。ごきげんよう!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント