【座席番号が分からなくてもなんとかなります】ANAマイルで特典航空券を使用したあとにライフタイムマイルを積算する方法

みなさんこんにちは。ひやまんです。

みなさんはANAのライフタイムマイルというものをご存知でしょうか。

ANAでは普段飛行機に乗ると積算される有効期限3年のマイレージポイントとは別に、今までANA便(と一部パートナー航空会社便)に乗った分のマイルが記録されていて、ポイント数に応じてラウンジが利用できるとか記念品がもらえるなどの特典が発生します。

通常のマイルは積算の対象外なのですが、このライフタイムマイルは特典航空券を使用した場合でも積算することができるということを最近知りました。

申請に座席番号が必要みたいだけどそんなの覚えてねえよ

と一旦諦めかけたのですが、よく調べたら座席番号が無くともなんとかなることもわかりました。

というわけで今回は特典航空券を使用した際のライフタイムマイル事後積算方法についてご紹介します。

以降は通常のマイルと区別するためにライフタイムマイル=LTとして表記します。

ANAライフタイムマイル

ANAマイレージクラブにはミリオンマイラープログラムという仕組みがあります。

ミリオンマイラープログラムでは、ANAマイレージクラブ入会からの総飛行距離を“ライフタイムマイル”としてカウントしていて、LT数に応じて様々な特典が受けられます。例えば以下のようなものです。

  1. 50万LT、100万LT、200万LTなどでオリジナルネームタグのプレゼント
  2. 100万LT以上のミリオンマイラーは通常マイルの有効期限の撤廃
  3. 100万LT以上のミリオンマイラーは無条件でスーパーフラヤーズカードへの申込みが可能
  4. 200万LT以上のミリオンマイラーはANA Suiteラウンジの使用が可能

3とか4あたりは、それだけLT貯められているのであればもはや必要なさそうな気もしますが、2はあると嬉しいですね。

正確なカウント方法について調べてはいませんが、ANAの区間基本マイル換算だと、ヨーロッパ往復で1万マイルくらいになるので、毎週日本とイギリスを往復する生活を2年位続ければ100万LT溜まりそうです。

人生の後半で獲得できたら御の字って感じか…。

正直ハードルは高いですし、仕事で海外を行き来しまくってる人じゃないと貯めるのはちょっと厳しいかもしれません。とはいえ千里の道も一歩からなので地道に貯めていきましょう。

ちなみに一応調べましたが、プレミアムポイントと同じで、飛行機に乗らないとLTはたまらないそうです。

特典の詳細は本家サイトをご参照ください。

JALの似たようなプログラム

ちなみにJALにはJGC Life Mileageプログラムというものがあります。

こちらはマイル数の他に登場回数による実績も加味しています。特典獲得が15万マイルからとANAに比べると刻んできているのでこちらのほうが取り掛かりやすい印象です。

100万マイルに到達すると特典が豪華になる辺りはANAと似ています。

詳細は本家サイトをご参照ください。

特典航空券のLT事後積算手順

通常マイルと同様に、普通に飛行機に乗るとLTは自動的に積算されますが、特典航空券使用時は自動では積算されません。そのため事後登録が必要になります。その手順について確認します。

特典航空券のLT積算に関するアナウンス

特典航空券のLT積算に関して、公式サイトに以下の記述があります(2022.02.16現在)。

事後登録は可能ですが、搭乗後6ヶ月以内に手続きが必要なので注意しましょう。

ANA国内線特典航空券・ANA国際線特典航空券のご利用でもLTマイルは積算いただけます。ご搭後6カ月以内に事後登録のお手続きが必要です。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/millionmiler-program/

事後登録に必要なもの

事後登録をするには以下の情報が必要です。

  • 搭乗年月日
  • 便名
  • 発着の区間
  • 座席番号

以下の用紙があれば上記については確認ができますので、事後登録をする必要がある便に搭乗する際はなくさないようにしておきましょう。

  • 「搭乗券」、「保安検査証」、「ご搭乗案内」のいずれかの用紙(原券)

特に座席番号が重要です。他の3つはANAマイレージクラブのサイトやアプリで過去の履歴として確認ができますが、座席番号だけはどこを探しても見つけることができません

一応座席番号が分からなくてもメールで問い合わせをしたらなんとかなります。その手順は最後の方でご紹介します。

事後登録方法

まずは公式サイトにあるマイルの事後登録方法[ANA国内線]リンクを選択すると、事後登録を行う画面に遷移します。

事後登録を行う手段は以下の4種類あります。お好みの方法をご利用いただけますが、必要な情報が全て揃っているのであればウェブサイトで手続きするのが一番簡単だと思います。なのでその手順について記載します。

  • ウェブサイトで手続き
  • 電話で手続き
  • メールで手続き
  • 郵送で手続き
ウェブサイトでの手続き手順

手続きに必要な情報がすべて揃っているものとして話を進めます。

マイルの事後登録方法[ANA国内線]画面中央にあるANAウェブサイトからお手続きを選択します。

ログイン画面に遷移するので、お客様番号、パスワードを入力してログインを選択します。

ご搭乗便の入力へを選択します

必要事項(搭乗年月日、便名、区間、座席番号)を入力して登録するを選択したら完了です。

LTはすぐに反映されるので、登録するを選択する前に自分のLTがいくらあるのかを確認しておいたほうがいいです。そうしておかないと、LTの履歴は表示されないので、後から本当に反映されているかの確認が困難になります。確認方法は後述しています。

特典航空券仕様の場合マイル加算数は0ですが、LTはちゃんと加算されています。

座席番号がわからない場合

飛行機に乗るときに使った書類とか降りたら捨てるし…。

という方は結構いると思います。ひやまんはお家に帰ってから事後登録しようと思って調べたら必要な書類はすでに空港のゴミ箱の中で座席番号がわからないという状態になってしまっていました…。

ANAのQAに回答があった

ANAのQAに座席番号が分からないときの対処法について記載があることを発見しました。

■ANA国内線事後登録

座席番号が分からない(「搭乗券」「保安検査証」「ご搭乗案内」のいずれもない)場合、ANAウェブサイトでは、お手続きできません。

ANAマイレージクラブ・サービスセンター へお電話いただくか、メールのお問い合わせフォーム に必要事項を入力ください。

どうやら問い合わせフォームからメールを送ると解決できる様子。

問い合わせをする際には利用日、便名、利用区間などの情報が必要です。

座席番号以外の情報(利用日、便名、利用区間)はアプリから確認できます

アプリの他、ANAのウェブサイトからも確認できます。アプリからの確認方法についてご紹介します。

アプリを起動して右下のもっと見るを選択します。

画面中程にある国内線予約確認を選択します。

過去の予約履歴を選択します。

過去の予約一覧が表示されます。この時点で利用日、利用区間、便名などを確認することができます。

メールによる問い合わせ方法

メールでお問い合わせ画面に行き、その他のお問い合わせ→パスワードがおわかりの方を選択します。

ログイン画面が出てくるのでログインします。

問い合わせフォームが出てきますので、必要事項を記入後、同意するにチェックを入れて送信するボタンを選択したら完了です。(名前やメールアドレスは初期値が入力されていると思います。)

参考までに例文は以下のとおりです。内容には必ず利用日、便名、利用区間を記載しましょう。

  • タイトル:ライフタイムマイルの事後登録について
  • 内容:座席番号がわからないのですが、特典航空券のライフタイムマイル事後登録は可能でしょうか。(利用日:yyyy/mm/dd、便名:ANAxxx、利用区間:羽田発XX着)

ANAからのお返事

回答には時間がかかるって書いてあるし、気長に待つか~

と思っていたら3時間位で回答が返ってきました。若干、

 

手間かけさせんじゃねえよ

というテイストの文言もございますがどうやら無事にライフタイムマイルは積算されるようです。ヨカッタヨカッタ。

 

過去の履歴から座席番号が分かるようにしたらいいだけな気がするんだが…。セキュリティ的に載せたらなにか問題になったりするのだろうか。

ライフタイムマイル積算結果の確認

ライフタイムマイルはANAのウェブアプリの他、アプリから確認できます。

アプリを開いて左上の部分のエリアをタップすると、マイル数やスカイコイン、LTなどが確認できる画面が開きます。

積算の履歴は見られないので、前後でスナップショットを撮って比較してみました。確かにマイルが積算されていることが確認できました。

まとめ

ANAマイルで特典航空券を使用したあとにライフタイムマイルを積算する方法についてご紹介しました。

座席番号が分からずに諦めかけましたがなんとかなってよかったです。100万LTを貯めるのはなかなかハードルが高いですが、千里の道も一歩から、塵も積もれば山となる、なので少しづつでも積み上げていくように頑張りましょう。

でわでわ。ごきげんよう!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント