表参道のオシャレすぎるエビラーメン屋(Feumen (フーメン))へランチに行ってきました

食事/デザート

みなさんこんにちは。ひやまんです。

年末のお客様挨拶回りということで、こんなことでもないと普段のひやまんの人生には全く関係してこない表参道へ訪れる機会がありました。

ちょうどお昼どきでしたのでランチに行こうと思ったわけですが、オシャレすぎてどこに入って良いのかよく分からず。

…ラーメン屋だったらこんなワイでも受け入れてくれるやろ。

ということで適当にググって出てきた、その時ちょうど使っていたシェアオフィスに近い場所にあったラーメン屋へ行ってきましたのでご紹介します。ちなみに完全キャッシュレスのお店です。

表参道はラーメン屋もオシャレすぎて一体何を食べていたのかよくわかりませんでした。有名なシェフがコラボして作ったお店のようです。

外観

というわけでやってきたのだ。

カフェみたいだろ。ウソみたいだろ。ラーメン屋なんだぜ。

地下鉄の表参道駅A4出口から徒歩2分ほどの位置にある。

向かって左手側の南国味のある、カフェかな?と思うような外観のお店が今回お邪魔するFeumen(フーメン)である。とりあえずラーメン屋には見えないし、ググってこなかったらひやまんは絶対に入らないタイプのお店である。

入口には最近規制緩和が話題になっている電動キックボードが置かれている。エコ感というか最先端ぶり感というかとにかくエモいアピール感がすごい。

電動キックボード

完全に余談であるが、ひやまんはシンガポールに住んでいたことがあって、その際電動キックボードに乗っていたことがある。

シンガポールでは電動キックボードに乗るのに免許等は不要なので買ってそのまま乗ることができる。白人系の人が多かったが、ぼちぼち乗っている人もいたのでそこまで珍しい乗り物というわけでもなかった。自宅と駅の間の移動だけで使用していたが暑い中歩かなくて済むのでそれなりに重宝した思い出がある。

当時の愛車

当時はよくわからなかったのでとりあえず安そうなのを買って1年ほど運用してわかったのは、他はともかくブレーキは足で止めるタイプではなくハンドルタイプの方が良い、ということである。

キックボードのブレーキタイプは大きく2つあって、足で後輪を踏むタイプと自転車のようにブレーキハンドルが付いているものだ。とっさに止めようと思って操作しやすいのは圧倒的に後者なので安全を考えると後者の購入が良いだろう。

というわけで今後購入を考えている方の参考になれば幸いである。

店内・メニュー

店内の様子

店内はラーメン屋というよりはやはりカフェや空港のラウンジに近い印象である。ラーメン屋と言われてもにわかには信じがたい。

テーブル席とカウンターがあって、全体では30~40席程度の広さに見えた。

天井は高めで、なんだかオシャレなのかよく分からないアートが飾られていたりする。ラーメン屋と言われてもにわかには信じがたい。

表参道は水までオシャレである。ラーメン屋と言われてもにわかには信じがたい。

支払いは完全キャッシュレス

店内に入って店員に案内されるのであるが、まず最初に言われたのは支払いが完全キャッシュレスである点である。

当店は完全キャッシュレスで、現金でのお支払いはできません

支払いは各種クレジットカードかPayPayで可能です。

とのこと。まさかのNO CASHである。

 

元から現金は持ちたくない派なので個人的には大歓迎であるが、いざそういうお店を目の前にして思ったことは

スウェーデンかよ

という感じでなんか意識の標高が高すぎて呼吸ができない。

でもまあ今後はこういうお店ができてくれるとありがたいなあと思う次第だ。お店的には売上ごまかせない手数料がかかるので完全普及には時間がかかるだろう。

メニュー

さてメニューを見せていただこうかと思ったが手元には何もない。

メニューはテーブルのQRコードを読み込んでください

テーブルにはQRコードが貼られているのでこれを読み取れとのこと。

 

読み取るとなんか色々画面遷移してFeumenとLINEで友だちになったりして最終的にメニュー画面が開かれる。

この画面から注文と決済まですべて行うわけである。

勝手にLINEで友達になるのはいかがなものかと思うが、システム的にはかなり効率的で良いように思う。マクドナルドのモバイルオーダーを店内でやっているようなものなので、操作もそんなに難しいことはない。

で、肝心のメニューであるが、基本的にはFeu麺1種のみで、価格は期間限定で1,000円。訪問した際はもう一つ海老坦々Feu麺もあった。

Feu麺は頼む際に白ネギ、やきゅうり、パクチー、アボカドなどトッピングを選ぶことができる。

実食

注文

先述の通り注文はモバイルオーダースタイルである。

今回は初回だったのでスタンダードFeu麺にトッピングは粉チーズと豚肉をチョイス。

追い飯も無料でつけることができる。

実食

そうして届いたものがこちらである。

見た目はラーメン(というかまぜそば)であるが、お味はというと赤いソースに海老の風味がかなり強烈に乗ってくる。麺はもちもちとしていて美味しい。トッピングのチーズチョイスは結構良かったと思う。

しかしこれをポンと出されてラーメンかどうか判定しろと言われると結構難しい。

どちらかというと東南アジアな感じの料理という印象を受ける。シンガポールで食べたラクサに近い気がする。

パクチーと一緒に召し上がるお客様も多いですね。

というコメントも店員さんから頂いた。パクチーを入れるとタイ料理感が出てきそうな気はする。

 

お会計

ごちそうさまでした!

モバイルオーダー形式なので、お会計は実施済みである。そのまま退店しよう。

まとめ

表参道のオシャレすぎるエビラーメン屋(Feumen (フーメン))についてご紹介しました。

正直ラーメンかと言われると悩ましいレベルではありますが美味しいことは確かなので、表参道に行く機会がある方は一度ご利用してみることをおすすめします。

店内のシステムも先端な感じがして好感度高いですね。今後はこういうスタイルの飲食店が増えていくのではないかという気がします。

最後に店舗情報を載せておきますね。

でわでわ。ごきげんよう!

店舗情報

予約

予約はやっていないようです。

Feumen (表参道/ラーメン)
★★★☆☆3.30 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

デリバリー

Uber Eats(ウーバーイーツ)で見る Uber Eats 既存ユーザー注文

場所

公式サイト

見当たりませんでしたので参考サイトを。

Feumen (表参道/ラーメン)
★★★☆☆3.30 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

コメント