カナダ入国に必要な手続きをまとめました

食事/デザート

みなさんこんにちは。ひやまんです。

オーロラを見にカナダに行くことになりましたが、そもそも入国にあたって色々とやることがあると判明したのでまとめておきます。

通常だとeTAさえやっておけばOKなのですが、2022年8月現在コロナ関連でやることがまあまああるのでお気をつけください。

特に事前に電話番号の入手が必須なので、その点が面倒くさかったです。

前提条件

以下は実施済みであることを前提とします。

新型コロナワクチン接種を2回以上行っている

カナダに入国するためにはカナダ政府承認済みのワクチンを2回以上接種していることが条件です。

ワクチン未接種者は基本的に入国できません(特例を除く)。

ワクチンは日本で主に普及しているモデルナ、ファイザー、アストラゼネカ等であればOKです。

詳しくはこちらを参照ください。

SIMフリー端末を所持している

入国前に事前登録が必須であるアプリArriveCanの関係でカナダ現地の電話番号が必要です。

関連して事前に現地で使用できるSIMの入手を行うわけですが、使用する端末にSIMロックがかかっていると使用することができません。

そのためSIMロックが解除されている端末orSIMフリーの端末を用意する必要があります。

なお、端末本体については何でも良いというわけでなくカナダで使用されている周波数帯域に対応したものが必要になります。

Androidについては調べられていませんが、iPhoneであればとりあえず大丈夫です。

カナダ入国に必要なもの

2022年8月現在、カナダに入国するためには最低限以下が必要です。

  • eTAの申請
  • カナダで使用できる電話番号の取得
  • ArriveCanの申請

eTAは電子ビザの一種です。カナダに空路で入国する際には必要になります。1回申請しておけば以降5年間もしくは申請時に使用したパスポートの有効期限が切れるまで有効です。

カナダで使用できる電話番号について、平時は不要ですが、新型コロナウイルス対策でArriveCanへ登録を行う際に必須となるため事前に入手する必要があります。

ArriveCanはコロナ対策として入国前に事前登録が必須となるアプリです。事前登録を行っておかないとカナダに入国後14日間の隔離が行われます。

eTAの申請方法

eTAはウェブサイトから申請することが可能です。7カナダドルの支払いが必要なので、クレジットカードが必須です。

eTAの申請代行を謳うサイトが複数あるようですが、基本的に詐欺サイトです。費用は7カナダドルなので、それを超える金額を請求してくるサイトは使用しないようにしましょう。お金だけ取られて何も手続きされないそうです。

まずはeTAのサイトにアクセスします。画面下の方にあるeTAを申請するを選択します。

一回に付き1人ずつ申請、レシートは再発行しないからちゃんと印刷しろ、連絡はメールのみだ、などなどの注意事項が表示されるので、問題なければ Get final instructions to apply for an eTAを選択します。

パスポートがフランス発行かどうか聞かれます。日本人は日本発行なのでNoを選択して、Continue to the eTA application formを選択します。

申請者本人か確認が入ります。代理申請じゃないよね?と聞かれているのでNoを選択し、Nextを選択します。

個人情報等を入力していきます。最初の質問でPassportを選ぶと入力フォームが表示されるので、該当する情報を入力していきます。

諸々入力したら支払いの画面に遷移しますので、Transmit and pay を選択します。

支払いの画面が表示されます。支払情報を入力後、Checkoutを選択すると支払い完了です。

支払い後に表示される画面はこの時しか表示されないので、領収書が必要な方はこちらを印刷する必要があります。

これにて完了です。

eTA取得後はArriveCanの申請が必要だよと教えてくれます。画面の下のほうに行くとArriveCanアプリのダウンロードリンクが表示されています。

ちなみにメールでeTAの番号等を送ってくれます。

電話番号の取得

電話番号の取得にはSIMカードの購入を行う必要があります。

調べた範囲で比較的安価なSIMカードの入手方法を別記事にまとめていますのでこちらをご確認ください。

【Arrive Canに電話番号必須】比較的安価にカナダ旅行に向けて事前にSIMカード購入&現地の電話番号を入手する方法
みなさんこんにちは。ひやまんです。 オーロラを見に行くべく世界一周航空券を購入したわけですが、カナダに入国するためにはeTAの申請とArriveCanの申請が必要です。 eTAは問題なく申請ができたのですが、問題はArriveC...

ArriveCanの申請

ArriveCanはカナダ入国者の入国情報や健康状態(ワクチンの接種回数など)を事前に報告するためのアプリです。

旅程の申請は72時間前から申請可能

パスポート情報、ワクチン接種情報、旅程を申請します。

パスポート情報とワクチン接種情報はいつでも登録可能ですが、旅程については入国予定時刻の72時間前から申請が可能となります。72時間より前には申請ができません。申請せずにカナダに入国しようとすると14日間の隔離が必要となるためご注意ください。

ArriveCanの入手→アカウント登録

iPhoneで実施する場合は、app store で arrive can を検索してアプリを入手し、起動していきます。

初起動時はアカウント作成から始まります。

メールアドレス→CONTINUE→パスワード登録→CREATE ACCOUNTContinueを選択します。

登録したメールアドレスに認証コードが送られてきます。これをVerification Code欄に入力→VERIFYを選択します。

認証が完了すると引き続きパスポート等の登録が始まりますので、右下のを選択します。

パスポートの登録

登録情報のステップや個人情報の取扱についての説明があるので、Nextを選択します。

その後Travel documentの選択があるので、Passportを選択し、を選択します。

カメラへのアクセスを求目られるので、OKを選択し、パスポートを撮影すると自動で内容を読み取ってくれます。

読み取った内容が正しければ、右下のを選択します。

ワクチン接種証明書の登録

ワクチン接種証明書の登録を行っていきます。

YESを選択するとワクチン接種の情報(ワクチンの種類や接種日など)を入力する画面が表示されるので、接種証明書アプリ等から取得できる情報を入力していきます。

ワクチン2回分の情報を入力後、右下のを選択すると、証明書の画像をアップロードする画面になります。証明書の画像は、接種証明書アプリの画面をキャプチャしてアップロードすることで大丈夫です。

アップロード後→を選択するとアップロードが行われます。無事に登録されると登録完了画面が表示されるので、引き続き右下のを選択して旅程の登録を行っていきます。

旅程の登録

ワクチン接種情報を登録すると、旅程の登録が始まります。

Start your ArriveCAN formTrip details を選択します。

旅の目的を聞かれるので、観光であればDiscretionary/optional travelを選択します。

カナダへの入国方法を選択します。飛行機の場合はEntry by air です。

次に注意事項(ワクチン接種者からもランダムにPCR検査を受けてもらう、陽性だと10日間隔離される、などなど)が表示されるので確認の上I acknowledgeを選択します。

フライトの詳細(出発国、到着する空港、航空会社、フライト番号、到着日時)を入力する画面が表示されます。入力後右下のを選択します。

※到着日時はカナダ国内の現在時刻から72時間後までしか選べません。

カナダ国内での連絡先と使用言語を指定します。カナダで使用できる電話番号が必須です。

連絡先入力後、同行者(自分しか居なければ自分だけ)を選択してを選択したら完了です。

引き続いて公衆衛生上必要な情報について入力していきます。

公衆衛生上必要な情報の入力

Public Health requirements を選択し、渡航歴や滞在先の情報を登録していきます。

ランダムに検査対象になる可能性があるよ、などの通知があるので、確認の上I UNDERSTANDを選択します。

次のページで過去14日以内に日本以外の渡航歴の有無を聞かれます。なければNOを選択します。

次に滞在先の情報なので、該当するものを選択して住所等の情報を入力していきます。

最後に現在の健康状態について簡単な質問があります。

まず熱、咳、呼吸の困難さがあるか聞かれるのでNOを選択します。

次に色々と注意事項が表示されるので、確認の上I acknowledgeを選択、Submitします。

登録が完了するとQRコードが表示されます。これをカナダの空港等で見せる必要があります。

QRコードはトップページから確認できる

一度すべての情報を登録できれば、今後はアプリのトップページからQRコードを表示できます。

まとめ

カナダに入国するために必要な手続きについてご紹介しました。

eTAは通常時も必要ですし、ArriveCanもまあ問題ないですが、伴って必要な電話番号の入手が大変でした。トラベラーズSIMが無いんですよねえ。

結構コロナ関係の規制が緩くなっている認識だったので、カナダの入国がこんなに大変だとは思っていませんでした。早めに調べて良かったです。

これからオーロラを見に行きますが、この情報が皆さまのお役に立てば幸いです。

でわでわ。ごきげんよう!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント