本八幡のジンギスカン屋さん(ジンギスカン ゆきだるま 本八幡部屋)へランチに行ってきました。

食事/デザート

みなさんこんにちは。ひやまんです。

普通の焼肉もいいけど、たまには牛豚鶏とは違うお肉も食べたいな

そんなときはジンギスカンが候補に上がるのではないかと思います。

調べてみたら実は本八幡にもジンギスカン屋さんがあることが判明したため、この度行ってまいりました。

元幕内力士の若孜関がオーナーのようで、アイスランド産の羊肉を提供してくれます。

外観

というわけでやってきたのだ。

JR本八幡駅南口から徒歩6分ほど。大通り沿いにまっすぐ行けばつくので見つけるのはそんなに難しくはない。

入り口にはお店の名前の通り雪だるまが居る。若干黒ずんでいるが、通り沿いで交通量が多いので致し方ないことであろう。

店内・メニュー

店内の様子

店内はこじんまりとしていてそんなに広くはない。奥の方に行くと広めのテーブル席もありそうだったが、2人用テーブルが多めな印象である。全体では20席程度か。

人数が多い組が来たら衝立を取り払うなどして席を形成するパターンかもしれない。

各席にはゆきだるま親方がやさしくお肉の焼き方を教えてくれる漫画などが設置されている。

メニュー

メニューは店内もあるが、店外にも張り出されている。

価格は1,300円~2,000円と決してランチとして安くはないが、七輪や炭火の手間を考えたら特に高いというわけでもないと思う。

ちなみに昨今の円安や物価高騰もあり値段は段々と上昇しているようである。已む無し。

アラカルトメニューもあるし、食べ放題や飲み放題もある模様。

実食

注文

注文は店員さんに口頭で伝えるスタイルである。

今回は初回で色々と食べてみたかったのでランチのCセットをチョイス。

実食

そうして届いたものがこちらである。

未だにジンギスカンの正しい流儀がよく分かっていないのであるがとりあえず焼いて食べていくことにする。野菜は最初にセットするので良かったのだろうか。

アイスランド産だからかは分からないが、お肉は柔らかく、味がしっかりしている割には臭みも少ないのでとても食べやすい。

ラムのあの独特の臭みと癖が好きなんだよ!という方にはちょっと物足りないかもしれないが大変食べやすいのでカジュアルに食べに来るのに良さそうだという感じです。

お会計

ごちそうさまでした!

危うく有能な店員に片付けられてしまうところだった。

お会計は入口付近のレジにて実施する。

支払いは現金もしくはクレジットカードが使用できる。Paypay も使えたように思う。

まとめ

本八幡のジンギスカン屋さん(ジンギスカン ゆきだるま 本八幡部屋)に付いてご紹介しました。

前から気にはなっていたのですがようやく行けて満足です。お肉も美味しかったです。

焼肉に行くと煙の匂いが服についてしまうので、特にランチで行くにはタイミングが難しいですがたまに行くと満足度が高いですね。

今回は実はコロナワクチン接種の帰りに寄りました。接種会場の保健センターからは近いのでみなさんも接種後に行ってみてはいかがでしょうか。

最後に店舗情報を載せておきますね。

でわでわ。ごきげんよう!

本八幡の他のお店を地図から探す

店舗情報

予約

お電話でお問い合わせください。

ジンギスカン ゆきだるま 本八幡部屋 (本八幡/ジンギスカン)
★★★☆☆3.43 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

場所

公式サイト

見当たりませんでしたので参考サイトを。

ジンギスカン ゆきだるま 本八幡部屋 (本八幡/ジンギスカン)
★★★☆☆3.43 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999
記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント

error: Content is protected !!