本八幡の台湾料理屋さん(南山)へランチに行ってきました

食事/デザート

みなさんこんにちは。ひやまんです。

北京オリンピックの開会式で台湾選手が真顔で入場しているのが印象的でしたが、それをみながら

そういえばルーロー飯食べたい。台湾に行きたい。

と食べ物のことしか考えていませんでした。本八幡にもランチに台湾料理を出してくれるお店があるとのことで、今回伺いましたのでご紹介します。

 

外観

というわけでやってきたのだ。

JR元八幡駅南口から徒歩4分ほど。ラーメン屋さんの龍月のお隣に位置している。店舗自体は2階にあるようで、入り口はあまり目立たない感じになっている。

2階に登ると看板がせき止めてくるのでお店の入口はすぐに分かるだろう。三階がどうなっているかはちょっとわからない。

店内・メニュー

店内の様子

店内はカウンター3席、お座敷1組と言うところで結構こじんまりとしている。全部で十人入らないくらいだろうか。

前世は寿司屋かもしれないと思ったがよく見たらガス栓のようなので焼肉屋かもしれない。

お茶は淹れたてを味わうことができる。

メニュー

メニューは店内でも見ることができるが入口にあるのでそこで確認するのが良いだろう。

写真付きとそうでないのがあるが、写真がついている方がきっと推しなんだろうと思われる。

魯肉飯以外にも

実食

注文

注文は店員さんに口頭で伝えるスタイルである。今回はルーローハンを食べに来たので当然ルーローハンをチョイス

実食

そうして届いたものがこちらである。

調理過程を観察していると、途中ライスがレンチンされているのをみてちょっと凹んだが、見た目としてはかなり美味しそうである。

台北でルーロー飯を食べた時は味付けされた挽肉炒めがご飯の上にポンと乗っているだけのかなりシンプルなものであったが、こちらのものは結構お肉の形がしっかりと残っている。台湾の中でも地域によって魯肉飯の形態が異なるのだろうか。

味付けは結構ひやまん好みではある。程よく八角が効いていて、本場の風味がする。

お会計

ごちそうさまでした!

お会計は店員さんに直接支払うスタイルである。支払は現金のみだ。

まとめ

本八幡の台湾料理屋さん(南山)についてご紹介しました。

ライスがレンチンされて出てくるところだけちょっと気になりますが、お味自体は本場の風味で美味しいと思います。台湾が恋しくなったら訪れてみてはいかがでしょうか。

最後に店舗情報を載せておきますね。

でわでわ。ごきげんよう!

店舗情報

予約

お電話でお問い合わせください。

南山 (本八幡/中華料理)
★★★☆☆3.32 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999
Uber Eats 既存ユーザー注文

場所

公式サイト

見当たりませんでしたので参考サイトを。

南山 (本八幡/中華料理)
★★★☆☆3.32 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

コメント