【ANAアプリでのポイント利用方法も解説!】アップグレードポイントを使ってANAのラウンジと国内線プレミアムクラスを楽しんできました

お金
from ANA公式サイト

みなさまこんにちは。ひやまんです。

ANAマイルとアップグレードポイントが余っているけど期限が切れそうでどうしよう?という記事を以前投稿しましたが、今回はその余ったアップグレードポイントを使用してプレミアムクラスに搭乗してきたのでご紹介します。

ちなみにプレミアムクラスのチケットを持っていると普通席に比べて以下の特典があります。

  • プレミアムクラスに搭乗してプレミアムな体験ができる
  • ANAの優先チェックインカウンターを使用できる
  • ANAラウンジを使用できる

チェックインカウンターやラウンジのの特典も良いのですが、やはりプレミアムクラスだと飛行機内のシートがかなり良いのでみなさまにも一度は体験していただきたいものとなっております。お食事も出ます。

ANA プレミアムクラス

ANAのプレミアムクラスは、国内線版ビジネスクラスのような搭乗クラスのことです。

価格も普通席の1.5倍ほどしますが(もしくは空きがあれば+3,000円~+15,000円の追加料金でアップグレード可能。追加料金は路線によって異なります。)、その分受けられるサービスや座席の質などが一段階アップグレードされます。

from ANA公式サイト

プレミアムクラスの特典

様々ありますが、ひやまんが個人的に重視しているのは以下の3点です。

  1. シートのサイズが大きく、前後左右の間隔も広い
  2. 優先チェックインカウンターを使用できる。預け荷物が最優先で出てくる
  3. ANAラウンジを使用することができる
シートサイズが大きい

これはそのまんまの意味で、横幅が広くできています。具体的な数値が見つけられませんでしたが、ひやまんの場合普通席に座ると右腕一本分程度はみ出して通路を通るCAさんに毎回ぶつかるのですが、プレミアムクラスのシートだとちゃんと収まるのでおそらく20cmくらいは広いと思います。

また前後のシート間隔も広く、普通席の場合は約86cmのところ、プレミアムクラスでは約130cm~140cmの間隔があります。足を思い切り伸ばすことができますので、脚の長い兄貴姉貴には特におすすめです。

詳細についてはこちらをご参照ください。

優先チェックインカウンターが使用できる

羽田空港や伊丹空港など大きめの空港にはANA PREMIUM CHECK-INと書かれた優先チェックインカウンターがあります。プレミアムクラスに搭乗する方はこちらを使って優先チェックインを行うことができます。

これは通常時はさほど大きなメリットでは無いのですが、繁忙期にはかなりありがたいですね。通常のチェックインカウンターが大行列となっている中をサクサク進んで制限エリアまですすめます。

優先チェックインカウンターでは荷物を預けることも当然できますし、そのまま手荷物の保安検査をその場で行って制限エリアへ入っていくことができます。

羽田空港であれば手荷物検査後にそのままANAラウンジに入っていけるので、ちょっとしたブルジョワ感が味わえるのもポイントです。

ちなみに荷物を預ける場合は40kgまで対応してもらえる&優先手荷物タグを付けてくれるので最初の方に荷物が出てきて素早く次の移動を開始することもできます。長いと15分以上待たされる事があるので、このサービスは結構魅力的ですね。

ANAラウンジを使用することができる

通常だとANAマイレージクラブの上級ステータス会員でなければ入ることができないANAラウンジですが、プレミアムクラス搭乗時はこのANAラウンジを使用することができます。

国内線ラウンジ内ではソフトドリンクや日本酒、ウイスキーなどの飲み物が楽しめます。お食事は提供されませんが、柿の種のような軽いおつまみが用意されています。

空港内を探索したい、お土産を見繕いたい等の場合には立ち寄らないので少し優先度は下がる印象ですが、出発までゆったりとお酒を嗜む、なんて豪華な使い方もできるので使えること自体はかなりありがたいですね。

ちなみに喫煙スペースもあるのでおタバコを吸う方も安心です。

アップグレードポイントを使ったプレミアムクラスへのアップグレード方法

普通席を購入した状態でANA公式サイトもしくはANAアプリから座席をアップグレードすることができます。ANAアプリから実施する際の方法についてご紹介します。

ANAアプリを開いたら予約している航空券を選択して詳細情報を確認します。

画面を下の方にスワイプしていくと、航空券情報の下の方にアップグレード手続きというボタンがあるので選択します。

アップグレード可否の確認画面が出てきます。アップグレードが可能な場合は中央の手続きへボタンが有効になるので、こちらを選択します。
※下記は残念ながらプレミアムクラスが満席になっていたためアップグレード手続きができない場合の画面です。。。

手続きへボタンを選択した後にはアップグレードを現金で行うかアップグレードポイントを使用するかを選択し、支払いを行います。

その後座席指定が可能になるので、お好みの座席を指定して完了です。

アップグレードしたけれど別便に変更したい場合

お仕事で飛行機に乗る場合は、帰りの便をアップグレードポイントでプレミアムクラスにアップグレードしていたものの、

なんか思ったよりも早く仕事終わったから一便早く帰りたいわ

という場合もあるかと思います。この場合別便に予約を変更することになるわけですが、アップグレードポイントはどのように扱われるのでしょうか。

実はちゃんとポイントを払い戻すことが可能ですし、取り戻したアップグレードポイントで予約を変更した便のプレミアムクラスへのアップグレードにも使用することができます。

具体的には

  • 普通席の別便へ変更
  • アップグレードポイントの払い戻し手続き
  • 変更した便の座席に対してアップグレードポイントを使用してプレミアムクラスに変更する

という手順をたどります。

別便への変更

ANAアプリから対象便に対して予約変更/一部解約を選択します。

他のフライトへ変更するを選択します

航空券の検索画面が出てきますので、適宜条件を指定して検索するを選択します。

適宜便を選択して確認画面へを選択します

確認画面が続きます。適宜進めてください。

 

アップグレードの取り扱いについて注意喚起されます。この後対応するのでOKを選択します。

閉じるを選択します。

便の変更が完了しました。

アップグレードポイントの払い戻し手続き

フライトの変更ができましたので、これからアップグレードポイントの払い戻しを行います。

改めてANAアプリから該当するフライトを選択すると、下記の画面が出てくるので、払い戻し手続きへを選択します。

払い戻し対象となる便の一覧が出てきますので、対象となる便を選択してから次へを選択します。

閉じるを選択します。

払い戻しポイント数を確認し、内容を確認しましたにチェックを入れてから解約するを選択します。

これで完了です。

予約し直した便へのアップグレード

普通席を予約した状態になっていると思いますので、通常通りの手続きでプレミアムクラスへのアップグレード操作を行えばOKです。

プレミアムクラス搭乗記

羽田空港~広島空港をプレミアムクラスに搭乗しましたのでご紹介します。プレミアムな雰囲気を感じてもらえればいいかなと思います。

空港到着~搭乗まで

2022年1月中旬に訪れました。まばらではありますが、想像していたよりは利用者がいる印象です。国際線に自由に乗れる日も近いのかもしれません。

これがプレミアムクラスが使えるプレミアムチェックインカウンター。

奥に進むと専用チェックインカウンターと、専用保安検査場があります。

出た先はそのままANAラウンジへつながっています。

ラウンジ内は4割位埋まっていました。ガラス張りで飛行機を見ることのできる、奥の窓側の席が人気です。

コーヒーメーカーなどのソフトドリンクもありますが、日本酒やウイスキーなどのお酒も用意されています。

国際線側のラウンジだとこれに加えてカレーなどの食事も用意されているので個人的にはちょっと物足りないですが、プレミアムクラスだと食事も出てくるので問題はありません。

飛行機へ搭乗します。

機内

プレミアムクラスに搭乗するとCAさんが挨拶に来てくれます。

本日はご登場ありがとうございます。担当させていただく〇〇です。何かありましたらお申し付けください。上着お預かりしますね。除菌シートお配りしております。

あ…はい…よろしくお願いします…あ…ありがとうございます…

正直このやり取り苦手だからやめてほしいと思いますが人によってはこういう特別感が良いのかもしれませんね。ともかく飛行機は出発します。

プレミアムなシート。肘置きも広々としているので隣の人と喧嘩になることもありません。

また、実はこの日帰りに普通席に乗ったのですが、広さの他にシートの硬さがぜんぜん違うことに気づきました。プレミアムクラスのほうが明らかに座り心地が良いです。

プレミアムな除菌シート

プレミアムなスリッパとヘッドフォン

プレミアムなシート間隔。脚を思い切り伸ばせます。

プレミアムなシートから見るプレミアムな富士山。ちなみに富士山がどちら側に見えるかはこちらのサイトから確認できます。

プレミアムな食事

環境に配慮したプレミアムな食器(木製)。正直使いづらかった。特にスプーン。

ごちそうさまでした!

プレミアムな作業スペース。iPadでブログの下書き作成程度であればストレスなく実行できますね。

到着。今回は預け荷物がなかったのでそのまま空港の外に出て市内へ向かいます。

余談

帰りに広島空港のANAラウンジに寄ったのですが、蔓延防止等重点措置のためかお酒類が撤去されていました。そういうこともあるらしいので、お酒を期待される場合はご利用する地域の情勢についてご確認の上ラウンジ利用を計画したほうが良さそうですね。

まとめ

プレミアムクラスに実際に乗ってみた体験談をご紹介しました。

自分で正規料金を払ってまで乗るかと言われるとなかなかハードルが高いですが、アップグレードポイントが有るのであれば絶対に利用したほうが良いクラスですね。疲れ方が全然違います。

隣が空いていれば、2時間程度のフライトまでは普通席でも全く問題ないと思っていましたが、一度プレミアムクラスを体験するとやっぱりプレミアムクラスが良いなと思ってしまいます。それくらいプレミアムです。みなさまもぜひ試してみてください。

でわでわ。ごきげんよう!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。「参考になった」「お疲れ様」という方がいらっしゃいましたら、チップ(100円~)大歓迎です。今後のモチベーションにつながります。

コメント