本八幡のベトナム・中華料理屋さん(アジアンヒート (Asian Heat))へランチに行ってきました

食事/デザート

みなさんこんにちは。ひやまんです。

八幡一番商店会の細い路地の先でひっそりと営業しているベトナム・中華料理屋さん(アジアンヒート (Asian Heat))へランチに行ってきましたのでご紹介します。

初見ではちょっと入りづらい路地にあるお店ですが、味は美味しかったです。

外観

というわけでやって来たのだ。

JR本八幡駅から徒歩で1~2分ほどのところにあるアジア料理屋である。見つけてしまえばこういうもんかというところであるが、実際には

…え?ここ進んでいくの?マジで?

という感じで細い路地に入り込んだ先に店があるので心理的にかなり見つけづらいのではないかと思われる。

 

八幡一番商店会の通りから来る場合、下記の写真のような通路からお店に向かう。

自転車のサイズ感で把握できると思うが、多くても3人並ぶといっぱいいっぱいになるような間隔である。おそらく自動車が通るのは無理な幅だ。力士が来たら間違いなく渋滞するし、海外だったら絶対近寄らないレベルのサイズ感である。

一番奥まで行くと行き止まりか、パティオ本八幡の業務用出入り口につながっている。

店内・メニュー

店内の様子

店内はいたって普通の中華屋さんという趣である。もともとはラーメン屋だったのではないだろうかと思われるような形状をしている。小洒落た音楽が流れているわけではなく、テレビでニュースが淡々と流れているような、そんな雰囲気だ。

手前にカウンター席があり、奥に4人がけ程度と思われるテーブル席がある。テラス席もあったように見えたが気のせいだったかもしれない。

テーブルの材質がステンレスなのがちょっと気になったが特段大きな問題があるわけではない。気温の関係か、当日はエアコンは稼働していなかった。

メニュー

ランチメニューは中でも見られるが、外にも掲示されていた。ありがたい。

価格帯は概ね1,000円前後とそこまで高くない印象である。種類としてはフォー、チキンライス、ラーメンと中国~東南アジアあたりの料理が並んでいる。アジア成分を補給するには丁度いい。

実食

注文

注文は店員さんに口頭で伝えるスタイルである。

ココナッツカレーフォーがすごい気になったが、ちょっと味が自分に合わない可能性がよぎったので今回は担々麺をチョイス。

ちなみにチキンライスはシンガポールで300円くらいで食べられるんだよなーと思ってしまうのでこういうところでは頼めない体質になってしまっている。

実食

そうして届いたものがこちらである。

生春巻き、ライス、デザートに杏仁豆腐まで付いてきている。大変豪華だ。

メインの担々麺だが、なぜかとろろ昆布がトッピングされている。斬新だ。とろろ昆布の下に隠れているが、ひき肉と野菜(おそらく小松菜)も付いている。

麺は細めんストレートでやや柔らかめに仕上がっている。スープは担々麺らしく辛味があるが、しびれるような辛さではなく唐辛子の辛さである。最初結構辛いかと思っていたが、食べ進んでいくと味噌のコクと、少し酸味があってちょうどいい感じになってくる。飛び抜けてウマいわけではないが、安定感と完成度が高い一品という印象だ。

ちなみにとろろ昆布は食べ方の正解がよくわからなかった。スープに混ぜてみたところたまに味変要素として麺に絡まってくる感じだった。これはこれで美味しいと思うが、もっと良い食べ方があったのではないだろうかと今でも悩んでいる。

生春巻きは具材が野菜のみであるが、甘いタレがよく合って美味しい。ライスは少し行儀が悪かったが残った担々麺のスープに混ぜて雑炊のようにして頂いた。ひき肉とスープが絡み合ってこちらも大変美味しかった。

お会計

ごちそうさまでした!

全体的に美味しかったし、ラーメン+ライスでかなりボリュームがあって満足感が高かった。

お会計は伝票を持っていって店員さんに頼もう。支払いは現金のほか、PayPayが使用できる。

まとめ

本八幡のベトナム・中華料理屋さん(アジアンヒート (Asian Heat))についてご紹介しました。

最初にお店を見つけに行くのが大変でしたが、味はおいしいですし満足度も高いので皆様も是非挑戦してみてください。

最後に店舗情報を載せておきますね。

でわでわ。ごきげんよう!

店舗情報

予約

予約はお電話でご確認ください。

アジアンヒート (本八幡/中華料理)
★★★☆☆3.20 ■予算(昼):~¥999

デリバリー

対応しているサービスは見当たりませんでした。

Uber Eats 既存ユーザー注文

場所

公式サイト

見当たりませんでしたので参考サイトを。

コメント