本八幡のラーメン屋さん(きたかた食堂 本八幡店)へ行ってきました

食事/デザート

みなさんこんにちは。ひやまんです。

今回は本八幡にいながら東北のおいしいラーメンである喜多方ラーメンを提供してくれるラーメン屋さん(きたかた食堂 本八幡店)をご紹介します。

  • JR本八幡駅から徒歩1分の好立地
  • 油の量が選べる
  • 小丼が美味しい

そもそも喜多方ラーメンって何?

喜多方ラーメン(きたかたラーメン)とは、福島県喜多方市発祥のご当地ラーメンご当地グルメ)である。

Wikipedia 喜多方ラーメンより

20代の頃はなんとなく九州あたりのラーメンだと思っていた。当時は若く、世間についてあまりにも無知だった。

外観

というわけでやってきたのだ。

JR本八幡駅からは徒歩1分と絶好の立地である。2021年1月にオープンしたばかりでまだ新しさが残る。

ちょっと前は餃子屋だった気がするが、餃子よりはラーメンということだろうか。私はどちらも好物である。

ちなみに先日紹介したラーメン屋さん”輝宗”と同じ通りに出店している。味比べもいいだろう。

店内・メニュー

店内の様子

新店舗らしくとてもクリーンな感じである。席数は、カウンターが4席、4人がけテーブルが4席で合計20人程度のキャパシティである。

1人でも気軽に入れるし、3~4人のグループでも対応できる柔軟な構成である。

入り口近辺に紙エプロンが置かれているので、必要な方は手に取ることができる。

メニュー

ラーメンメニューの写真を取り忘れてしまったが、味は醤油と味噌の2択で、お値段は700円程度である。

特徴的な点としては小丼として海鮮が選べる点である。以下の4点から選択でき、値段は350~450円である。

  • トロたくちらし
  • 特選本マグロの漬け丼
  • タイの昆布〆丼
  • 鯛と鮪の江戸前丼

実食

注文

きたかた食堂は食券制である。店舗入口すぐのところにある券売機で食券を購入して店員に渡そう。

券売機はタッチパネル方式である。最近のラーメン屋は進んでいる。

支払いは現金のみである。ここまでやるならSuicaぐらい使えても良さそうなものであるが、やはり手数料が高いのだろう。各種硬貨および2,000円札を含む紙幣が使用可能だ。

今回は醤油ラーメンをチョイス。

店員に食券を渡すと

あっさり or まったり?

と機内食の ”fish or beef?” みたいな感じで選択を迫られる。まったりだと背脂が追加されるとのこと。

 

ここはまったりを選択。

実食

そうして届いたものがこちらである。

麺は平打のちょっと縮れ麺である。スープと脂分が絡まって大変美味しい。

ラーメンも美味しいが個人的には小丼の方が印象深い。

魚の身の量も値段の割に多いし、シャリも赤酢風味で美味しい。鯛の身には昆布の味がしっかり移ってるし正直これだけでも結構美味しい。ラーメンよりもこっちを食べに行きたくなる。

お会計

ごちそうさまでした!

諸事情あって写真は撮ってない。許してヒヤシンス。

食券制のため食べ終わったあとはそのまま退店することができる。店員にごちそうさんなどと粋に声をかけてクールに立ち去ろう。

まとめ

本八幡にいながら東北のおいしいラーメンである喜多方ラーメンを食べられるラーメン屋さん(きたかた食堂 本八幡店)をご紹介しました。

小丼の完成度が高く1,000円程度でセットにできるので丼を食べるためだけに訪れてもいいんじゃないかなと思います。

最後に店舗情報を載せておきますね。

でわでわ。

店舗情報

予約

予約はやっていないようです。

場所

公式サイト

見当たらなかったので参考サイトを載せておきます。

きたかた食堂 本八幡店 (本八幡/ラーメン)
★★★☆☆3.31 ■予算(昼):~¥999

コメント